自筆証書遺言と公正証書遺言 その1

司法書士に、「遺言書があるので、登記してください」、といらっしゃるお客さんの大半は公正証書遺言ではありますが

 

前回のお話で、自筆証書遺言は、簡単に書けるというのがわかったかと思います。

 

 

自筆証書遺言の適格要件(書き方)は、次の通り

 

1.全文を、ペンで自分で書く

 

 自筆証書遺言なので、もちろん自筆ということです

 

 代筆、パソコン、ワープロ等の印字は不可

 

 もちろん、鉛筆はやめてくださいね

 

2.日付と名前を書く

 

 平成20年9月吉日とかはだめです

 

 通称(ニックネーム)等も、(時に有効な場合もあるでしょうが)やめた方がいいでしょう

 

3.ハンコを押す

 

 押す印影には制限がありません。

 

 まあ、実印が一番かたいでしょうけど

 

 拇印でもいいっていう判例があったな、確か

 

以上です。

 

全部民法968条に書いてある通りなんですけど

 

ということは、おじいちゃんが、ふとトイレで大きい方をしながら、遺言を書こうと思って、

 

トイレットペーパーに、さらさらっと

 

「俺の遺産は孫Aに全部やる 平成20年9月2日 五所川原 留八郎」って書いて、

 

「ハンコがねえな、じゃあ」って言って、

 

親指を切って、隣に血判をおせば、

 

遺言書ができあがってしまう!

 

・・・かもしんない( ̄▽+ ̄*) 

 

さすがにこんなパターンは有効かどうかわかりませんが・・・

 

もし、これを読んで、本当に遺言を書きたいと思っている方は、

 

この通り(血判の話は置いておいて)書いてみてもいいでしょう

 

保険の意味も込みのお話で

 

その代わり、公正証書遺言の話も読んでくださいね

 

てな訳で、次回は公正証書遺言の作成についてお話します(多分)

 

なんで保険の意味もあるか?も含めて

 

 

 

これからも応援のクリックをお願いしますm(_ _ )m
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ