自筆証書遺言と公正証書遺言 その3

さて、今回は、自筆と公正証書遺言のメリット、デメリットってことですね。

 

自筆証書遺言のメリットは、ここまで書いてきたとおり、

 

簡単に作成できるってことです。

 

なにしろ、今から書こうと思っても簡単な遺言であれば、10分くらいでできてしまいます。

 

また、書くだけなら、無料ですよね

 

紙代とインク代は別として・・・

 

デメリットは??

 

まずは保管です。

 

生前もそうですが、なかなか保管場所に苦労しますよね

 

いつもの場所だと、すぐに見つかってしまう可能性もあるし、

 

あまり難しいところだと、自分が死んだあとに見つけてもらえない可能性もあります

 

遺言がないものとして相続人全員で相続登記した後、

 

数年たって見つかったら、逆にもめる原因にもなりかねません。

 

次に、見つけてもらっても、ちゃんと正式に手続きを踏んでもらえるか、ということ

 

みなさん、自分の身内が亡くなった後、たまたま遺言書を見つけました

 

封がしてあったとして、中身を見たくありませんか???

 

もちろん、勝手に開たら5万円以下の過料に処されるのですが(民法1004条、1005条より)

 

ふつう、見たくなるのが人間の心理ですよね。

 

それで、期待していた遺産相続で、全部愛人にあげるって書いてあったらどうします???

 

捨てたくなるのが心理ですよね?

 

もちろん、民法891条1項5号に、

 

「相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者」は、相続権を失う旨の規定があります。

 

いや・・・捨てちゃだめですけど

 

相続権がなくなるので。

 

・・・が、ばれなきゃいいや、って思う人もいますよねえ

 

それに、昔のことは、もういいやってこともありますよね。

 

要するに、捨てられてしまう可能性もあるってことです

 

そして、最大のデメリットとしては、検認手続!

これは、結構めんどくさいです

 

このあたりは、またの機会に。

 


応援のクリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ