遺言書の効力 その2 書き方で・・・

前回のお話の続きで

 

旦那様の優しさで作成していたであろう、この遺言書

 

ただ、ちょっとした落とし穴が

 

旦那様の遺言書の書き方は、以下のような感じ

 

私の所有する以下の土地、建物は、妻A子に相続させる。

 

土地 足立区千住四丁目 26番3

    宅地  200.00㎡

 

建物 足立区千住四丁目26番地3

    家屋番号 26番3

    居宅  平家建 100.00㎡

 

要するに、自宅の部分を妻に相続させようとお書きしていたんですね。

 

このような遺言書の書き方は、結構多いです。

 

こういう遺言書を見て、どう思います??

 

素直に、「ああ、自宅を妻にあげたかったんだな」

 

と思う方もいらっしゃると思います

 

しかし、司法書士の私としては、

 

「あれっ・・・自宅部分しか書いてない」

 

と思うのです。

 

故意にそういう遺言書を書いたかどうかは別として、

 

現金や、貯金や、他の不動産があったらそれはどうするんだろう?

 

と考えてしまうのです。

 

もちろん、前回書いたように、この遺言書のおかげで、自宅部分の奥様への名義変更は、スムーズにできます。

 

ただ・・・この旦那様は、

 

他の3㎡位の小さな私道部分もお持ちだったのです。(;°皿°)

 

私道部分は遺言書のどこにも書いてありません。

 

ということは、相続人の共有財産・・・

 

おそらく、旦那様は、その私道部分があることがわかっていれば、遺言書に書いていたはずです。

 

意図的に私道部分を抜かすとは考えられないので

 

結局、この私道部分(正確には、他の財産も)のために、旦那様の兄弟姉妹の方々(相続人全員)と、遺産分割協議を行わなければならないのです。

 

なんか、残念ですね

 

そういうことも含めると、この遺言書、旦那様の本当の意図とは違うような気がしませんか?

 

どういうことかと言うと・・・

 

 

ちょっと長くなるので、続きはまた次回にします。

 


お読みいただきありがとうございます。

ポチっとクリックしていただけるとありがたいです(・・。)ゞ
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ