離婚届にも証人が必要です。

 

表題の件、我が家のお話ではなく

 

純粋にお仕事上でのお話ですので。

 

先日、離婚の相談を受けまして

 

離婚届の証人欄に署名押印しました。

 

そう、離婚届にも、証人二人の署名押印が必要なのです。

 

にも、っていうのは、婚姻届にも証人二人が必要だからです。

 

婚姻届は自分で書いたことがあるので、知っていたのですが

 

離婚の際にも必要ってのは、何となく違和感がありますね。

 

どちらも偽造防止のためでしょうけど。

 

ちなみに、証人の身分の確認とかはされないので

 

まあ適当に書いても受け付けられてしまうと思われます。

(もちろんそんなことしないように)

 

離婚届は、協議離婚で本籍地に出す場合

 

届書を出すだけでOK。

 

最初に受付をして簡単に届書の記載確認をし

 

席に戻って役所が本籍、住所等の確認をしている時間(10分ほど)待って

 

また再度呼び出され、軽く聴取されて、完了。

 

離婚した旨の戸籍自体は、役所にもよりますが、取得に3~10日位かかるようです。


その代わり、当日は離婚届受理証明書が発行されます。

 

 

不思議なもので、一度こういう仕事の相談を受けると

 

お客様同士のつながりはないのに

 

なぜか同じような離婚問題が絡んだ仕事が舞い込んできます。

 

不思議なタイミングです。

 

離婚にまつわる話も、勉強だけでなく実際の仕事としてやってますので

 

今後問題点等を書いていけたらと思います。

 

お読みいただきありがとうございます。

こちらをポチっとして頂けるとランキングに反映されます!

ポチっとしていただけると大変ありがたいです。

 ↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ